<   2005年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

頭痛について(その2)

頭痛について(その1)に続いて、”慢性頭痛”の中の、緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛の3つについて、主な特徴を説明していきますね。

1)緊張性頭痛
 慢性頭痛の中の大多数がこのタイプだと言われており、男性よりも女性に多くみられます。筋肉の過度な緊張と関係があるとされています。
 重苦しく、締め付けられるような痛みで、両側の首すじから、後頭部が痛みます。いつもすっきりしませんが、疲れてくると痛みがひどくなります。首や肩のこり、目の疲れを伴うことが多いです。
 患部を温めることにより、症状がやわらぐことも。予防としては、ずっと同じ姿勢でいないこと。首・肩のストレッチなどをして、筋肉をほぐしましょう。

2)片頭痛
 血管の収縮に続く拡張により起こるとされています。やはり、男性よりも女性に多くみられます。
 ズキンズキン、ガンガンと脈が打つような痛み。片方のこめかみや目にかけて見られ、音や明るさに過敏になります。吐き気をともなったり、目がチカチカするという前ぶれがある人も。食物(チーズ、チョコ、アルコールなど)で誘発されることもあります。
 普段は痛みが全くなく、いったん始まると数時間から数日続きます。月1~2回、週1~2回やってきます。
 患部を冷やすことにより、症状がやわらぐことがありますので、冷たいタオルや氷枕をあててみましょう。

3)群発性頭痛
 全体の数としては稀ですが、女性より男性に多いのが特徴です。
 片頭痛に似ていますが、より激しい痛みで、目の奥の方がが痛みます。涙が出るなど目の症状を伴います。アルコールで誘発されることもあります。
 ある期間毎日同じ時間に起こり、それが数週間~数ヶ月続きます。年に数回やってきます。
 原因はまだ不明なこともありますが、片頭痛同様、血管に関係があると考えられています。
 酸素吸入法という治療法があり、深呼吸により予防できることもあります。

主な特徴をあげてみましたが、複数タイプにまたがる症状の方もいらっしゃり、必ずしも全てに当てはまる訳ではないようです。

”慢性頭痛”には、ストレスが大きく関与していると言われていますので、心身にかかるストレスを減らしていく、または発散させることが大切ですね。難しいことではありますが・・

また、慢性頭痛=片頭痛(偏頭痛)と思っている方が多く、お話をよく聞いてみると、緊張性頭痛タイプの方が多く見られます。タイプによって効くお薬が違いますので、医師の診察を受ける場合は、ご自分の症状を詳しくご説明されるといいと思います。

鍼灸には筋緊張の緩和のほかに、鎮痛、自律神経を調整する効果がありますので、特に緊張性頭痛、次に片頭痛についてはうまくすると症状を和らげたり、鎮痛薬の効き目をよくすることが出来ます。

頭痛については、次の専門サイトに詳しい説明がありますので、ご参考になさって下さい。

スッきりんのバイバイ頭痛講座
頭痛大学
[PR]
by sasanowaka | 2005-03-08 18:10 | からだづくり

飯島夏樹さん 安らかに

2/13に天国で君に逢えたらの記事を書いてから、ずっと気にしていたのですが、飯島夏樹さんが、先日お亡くなりになりました。

飯島さんの公認ブログによると、追悼特別番組のOAが決まったとのこと。

 3/13(日) 16:00〜17:25 「天国で逢おう 追悼編(仮)」
 ※フジテレビ系列 関東ローカル放送

遺骨はハワイの海に散骨されるのですね。
どうか、安らかに、お眠り下さい・・・
[PR]
by sasanowaka | 2005-03-06 00:00 | あれこれ

お蕎麦食べ放題

相模原の「高田屋」というお店で、夫の職場の方たちと一緒にお食事。
メンバーのひとりが割引券を持っているということで、急遽セッティングされた会(?)。
大人5名、幼児1名で、なかなかにぎやかな集まりでした。

ここは蕎麦が売りの和食ファミレスという感じで、定食や御膳で頼むとお蕎麦が食べ放題になるらしい。
男性陣はおかわりしていたけれど、女性には量がかなり多くて、とてもおかわりできませんでした。

蕎麦プリンというのが、変わっているけれどおいしかったです。
[PR]
by sasanowaka | 2005-03-05 00:00 | おいしい

積雪

昨日から、来るか来るかと思っていた雪ですが、ここ伊勢原では本格的に積もるまでにはいたりませんでした。
小田急線沿線でも、相模川より向こう側(都内方面)の方が、雪が積もりやすいようですね。

雪が積もってしまうと、路面がすべるのでオートバイでの遠出は不可能になります。もちろん、徒歩や自転車も滑って危ないんですが。

以前、自転車で見事に転倒して、擦過傷が出来たことがあります。たいしたことないと思っていたんですが、なかなか治りませんでした。火傷みたいなものでした。

雪の日のお出かけには気をつけましょうね。
[PR]
by sasanowaka | 2005-03-04 19:19 | あれこれ

とんかつ芯屋@葛西

昨日はお休みをいただいて、ちょっぴり遠出してきました。
伊勢原から東西線葛西駅まで、2時間弱の旅でございます。

夜ごはんは、友人を連れて、とんかつ屋の「芯屋」へ。

実はこのお店、私のいとこのご主人がやっているのです。
過去に何度か訪れて、とんかつや揚げ物メニューをいただいていますが、なかなかおいしいですよ。
いとこのIちゃんいわく、カレーもなかなか評判がいいよ、とのこと。
あと、ごはんがやや固めに炊かれていて、私好みなんです。

昨日は、私はひれカツ定食、友人はカツ丼をいただきました。
二人とも、大満足です♪

葛西駅から徒歩5分程度かな。
環七通り沿い、河内屋さんという酒屋さんの反対側にあります。

江戸川区タウン>グルメ>和食>とんかつ
[PR]
by sasanowaka | 2005-03-03 17:51 | おいしい

頭痛について(その1)

頭痛についてコメントをいただいたので、復習がてら少し書いてみます。

頭痛は誰にでも経験がある症状ですが、いろいろな原因によって起こりますので、注意が必要です。

注意すべき症状は・・・

 ・突然の、今までに感じたことのないほどの激しい痛み
 ・しだいに痛みが増していく
 ・意識障害、感覚障害、けいれん、嘔吐などを伴うもの
 ・眼球部の圧痛、目のかすみなど目の症状を伴うもの

これらの場合、重篤な脳の疾患(脳出血、髄膜炎、脳腫瘍など)や目の疾患(緑内障)も考えられます。すぐに専門医の診察を受けることが必要です。

上記のものや、高熱や二日酔いによる頭痛なども含め、他に原因が見当たらない場合、いわゆる”慢性頭痛”ということになります。

*慢性頭痛の中の症状にも、”注意すべきもの”に挙げた、目の症状や嘔吐を伴うものがありますので、見分けることが難しいのですが、「いつもと違う」頭痛を感じたら、まずは医師の診察を受けるのが安全だと思います。

慢性頭痛は、次の3つのタイプがあるとされています。

 ・緊張性頭痛
 ・片頭痛
 ・群発性頭痛

次回は、それぞれの特徴を簡単に説明していきますね。
[PR]
by sasanowaka | 2005-03-01 17:21 | からだづくり