<   2005年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

実録鬼嫁日記

実録鬼嫁日記 カズマさんのブログ

今日の「とくダネ!」で紹介されていましたね。
ネット発の書籍ということでは「電車男」が有名ですが、今日の番組では「ブログの人気とは?」というテーマで、実録鬼嫁日記や、お子さんのいらっしゃる主婦の方のブログなどが紹介されていました。

実際やってみないことには、従来あったホームページサービス(日記ツールなど)との違いがわかりづらいブログですが、ブログの特性であるトラックバック機能について番組で何も触れられていないのが残念!
テーマで検索できたり、興味ある記事に気軽にコメント出来るのが、ブログの良さだと思うのですけれど。

「実録鬼嫁日記」さんはちゃんと読んでいないのですが、そのタイトルを見て、数年前に読んでいたとあるサイトを思い出しました。

我が妻との闘争 呉エイジさんのサイト

こちらはブログではないのですが、すでに書籍になっているんですね。
妻>夫 という権力の構図って、永遠のテーマなんでしょうかね?
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-16 14:03 | あれこれ

Konditorei 雅藤@本厚木

昨日はバレンタインデーでした。
私はチョコレートをつくるのはちょっと苦手なので、ケーキを買いに。
本厚木の”雅藤”さんに行ってきました。

バレンタインデー当日の夕方ということで、かなりの盛況ぶり。
売り切れになってしまったケーキもありましたが、それでもたくさんの種類があったので、その中からチョイス。

c0033502_1424771.jpg手前がキャラメルと洋梨の入った”キャラメルポワ”、奥が生チョコレート風味の”オートンヌ”。どちらも絶品でした!
(ちなみにこのケーキ皿が、先日ご紹介したノリタケスクエアで購入したアウトレット商品です)

加えてチーズケーキとモンブランも頼んだので、今夜いただこうと思います。

雅藤さんが紹介されているサイト
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-15 14:12 | 伊勢原のこと

天国で君に逢えたら

小説 「天国で君に逢えたら」 著者 飯島夏樹

小説はまだ読んでいないのですが、先日TVで放送された、

金曜エンタテイメント 天国で逢おう
~末期がんウインドサーファーの家族、その愛~

を拝見しました。
飯島さんの言葉のひとつひとつが、重く、そしてやさしさと強さにあふれたものに感じられました。

新潮社のサイトで飯島さんのエッセイが公開されています。
今日も生かされています
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-13 14:54 | からだづくり

疳の虫のお子さんに、スキンタッチ

はり灸治療室ノエルさまが、スキンタッチについてブログで書かれていますので、トラックバックさせていただきます。

スキンタッチは小児はりをもとに考案されたもののようです。
小児はりは、はりと言っても、刺さないで触れる鍼です。特に、疳の虫によく効くといわれていますね。私も以前、小児はりの治療をしていたことがあります。

スキンタッチのやり方についてはこちらに詳しく書かれています。
お子さんが夜泣きがひどかったり、風邪をひきやすかったりする方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

私の場合は、ご家庭ではスプーンによるケアをおすすめしていました。
注意点としては、ケアの時間は最初は短めに。力加減も軽めに。
1歳未満の赤ちゃんでしたら、最初はトータル1分程度からはじめています。スプーンも軽く触れる程度で。その後の様子を見て、少しずつ増やしていきます。
鼻血が出てしまったり、熱が出たりしてしまった場合は、刺激が強すぎたということが考えられますので、次のときに刺激を弱めます。

オイルを使ったベビーマッサージよりも手軽に出来るところがいいですね。
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-12 23:20 | からだづくり

ノリタケスクエア

普段使いの食器ってどうしていますか?
100円ショップもいいけれど、かけやすかったり、気に入ったデザインがなかったり・・・

昨年、以前から行きたかった厚木のノリタケスクエアに行ってきました。シンプルだけど品のよいデザインのアウトレット食器がたくさんあります。
我が家では欲しかったサイズのケーキ皿とマグカップを購入。なかなか重宝しています。

レストランやティールームもありましたので、お散歩がてら行ってみるのもいいかもしれません。

ノリタケスクエア
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-11 10:21 | 伊勢原のこと

胃カメラって大変?

先日、うちの夫が胃カメラ検査を受けてきました。
昨年受けた人間ドックの再検査ということになります。

実は夫はおととし、初めての胃カメラを体験しているのですが、とても辛かったらしく、そのことをドック問診時に告げたところ、別の病院を紹介してもらうことになったのです。
ドックを受けた病院は大きな病院なので、先生の指定は出来ないらしいのです。

ということで、夫が行って来たのが、秦野市の村松内科胃腸科クリニックさんです。
夫に感想を聞いてみると、やはり嘔吐反射(オエッとなることです)は起こってしまったようですが、前回よりずっと楽だったとのこと。

私が以前勤めていたクリニックのドクターも、胃カメラは上手という評判でした。やはり開業医の先生の方が胃カメラは上手なんでしょうかね?

本当に辛い方は全身麻酔下で検査を受けるらしいですが、体や時間の負担も大きくなりますから、まずは上手な先生にかかりたいものです。

私は今のところ胃腸は健康そのものです。どうかこれからもお世話になることがありませんように!

村松内科胃腸科クリニックさんのHP
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-10 23:32 | からだづくり

インフルエンザ

流行っているみたいですね。
私の周囲はいまのところ大丈夫のようですが。

以前、整形外科クリニックで働いていたときに罹患してしまったことがあります。
そこは内科も併設していたので従業員は皆、予防注射を受けていたんですが、私だけうっかり受け損ねていました。

調子が悪くなったのが金曜日の夜。
週末は用事があり出歩いていて、日曜には、体がだるい、熱っぽい、体の節々が痛む、という症状が出てきました。帰宅したのが夜遅くだったのですが、倒れるように寝込んでしまいました。

翌日、勤務先のドクターに診て貰い、特効薬も投与されたのですが、発症して48時間以内でないと効き目がないという説明がありました。
時すでに遅し。それから3日間ほど寝込みました。

インフルエンザかな?と思ったら、はやめに受診して下さいね。
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-09 14:31 | からだづくり

Super Bowlと24な休日

昨日は休日でしたので、朝からTVでSuper Bowl観戦!

キックオフ前のセレモニーでは、クリントン元大統領、パパ・ブッシュ、マイケル・ダグラスが登場。
ハーフタイムショーはポール・マッカートニーのLIVEもあり、年に一度のビッグイベントだということをあらためて感じます。

ゲスト解説の河口正史さん、お話がおじょうずなんですね~。ちょっと意外でした。おかげで試合内容もよく理解することが出来ましたし、とても楽しめました。

そして午後は、途中まで見ていた「24シーズン3」の続きを見始めてしまいました。あと2話で完結です。

TV漬けな1日でした。
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-08 13:12 | あれこれ

ツボの暗記 その2

替え歌では”属する経絡・名称”を覚えることができますが、最終的には、加えてツボの位置・筋肉・神経・東洋医学上の特性なども覚えなくてはなりません。
そこでそれらの情報をツボ暗記カードに書き込んで行きます。最初は順番にパラパラとめくっていきますが、ある程度覚えたらカードをシャッフルします。

さて、このカードの作成が、かなり大変です。
私はパソコンで作成したのですが、厚紙にプリントして自分でカットし、パンチ。肝心のツボの名称はパソコンの漢字辞書にない漢字も多いため、全て手書きしました。

最近目にしたのが、森ノ宮医療学園出版部の「ツボ暗記カード」。2,980円。イラスト付きというのがいいですね。

私の学生時代にも、市販のカードがあったとは思いますが、持っている人はほとんどいなかったと思います。
もう一度学生に戻ったとしたら、このカードを買ってしまうかしら?などと思ってしまいました。
手作りもいいですけれどね。
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-06 12:59 | からだづくり

ツボの暗記

鍼灸マッサージ師(*)になるためには、3年間学校へ通い、国家試験に合格しなければなりません。
(正確には、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師という3つの資格です)
そこで避けては通れないのが、経穴(ツボ)の暗記です。

少し専門的な話になりますが、正穴(せいけつ)と呼ばれる経穴は全部で354穴あり、12経絡のどれかに属しています。それぞれ順番が決まっていますので、まずは12経絡の経穴を全てスラスラと言えるようにならなければなりません。

私はそれぞれを”替え歌”にしてなんとか覚えました。経穴の数は各経絡で異なりますので、12曲それぞれ違う曲をあてはめました。
この替え歌方式は私のクラスでは結構流行っており、皆それぞれ作っていたようです。学生の頃に作ったホームページで私の替え歌を公開したところ、なかなか好評のようでした。今はもうクローズしてしまったのですが。

この話は明日に続きます。
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-05 00:00 | からだづくり