天国で君に逢えたら

小説 「天国で君に逢えたら」 著者 飯島夏樹

小説はまだ読んでいないのですが、先日TVで放送された、

金曜エンタテイメント 天国で逢おう
~末期がんウインドサーファーの家族、その愛~

を拝見しました。
飯島さんの言葉のひとつひとつが、重く、そしてやさしさと強さにあふれたものに感じられました。

新潮社のサイトで飯島さんのエッセイが公開されています。
今日も生かされています
[PR]
by sasanowaka | 2005-02-13 14:54 | からだづくり


<< Konditorei 雅藤@本厚木 疳の虫のお子さんに、スキンタッチ >>