禁煙エリア拡大の流れ

次世代新幹線は全席禁煙になり、喫煙所が設定されるらしいです。(参考記事)

たばこは個人的嗜好なのだから、わざわざ喫煙所を設けるのはおかしい。(喫煙所不要)
飛行機の中ですら隠れてトイレで吸う人がいるから、喫煙所は必要。または喫煙車両は少なくてもいいから必要。
などなど、賛否両論あるみたいですね。

レストランなどの施設で、完全禁煙・喫煙ルームを設置することに対して、文句を言う方は少ないのでしょうが、新幹線だと「喫煙所のスペースがもったいない」と言う人もいるようです。

私はたばこは全く吸わないので、全席禁煙は嬉しいことなのですが、たまたま隣に座った方がヘビースモーカーで、席と喫煙所を行ったり来たりでタバコくさかったら嫌ですね。ニオイは簡単に取れませんから。

禁煙エリア拡大、分煙化の流れはうれしいことですが、肝心の喫煙者は減っているんでしょうか?駅が完全禁煙になってから、歩きタバコが増えたような気がします。何とかして欲しいものです。

うまくまとまらず、グチになっちゃいましたが・・・

えー、ブログの更新は一週間ほど夏休みをいただきます。みなさまも楽しい夏休みを!
[PR]
by sasanowaka | 2005-08-07 20:22 | あれこれ


<< ブログ夏休みも終わって 伊勢原おどり >>